歩道橋

積み電子が片付いてキたのでw予告通り読んできました。歩道橋[著]歩田川和果「歩道橋」独特な作画と雰囲気の歩田川和果さん。既に商業作品10作品くらい出されてるこのタイミングでのオリジナル同人誌集とイうかなり変わった発刊なのですがなんだろう?この作家さんそのものがブレてない所為かこれら作品がすべて独立したピン作品とは思えないほど一貫した世界観にどっぷりハマれます。兎に角、どの作品も雰囲気があり情緒があって...