ヴァムピール特別編 KING AND BARON+


相変わらず樹さんの作品は
ほのかにホモ要素が香ってたまらんちん!





「ヴァムピール特別編 KING AND BARON+」







樹さんの最新作ですが
これがまた
とてもオサレでかっこよく
面白かったので
ご紹介。

つか

本編がまだ完結してないのに
なじぇにスピンオフを
こんなガツガツ掻き始めたのか、と
ツっこみどころ満載(爆)の
本作はこちら




ヴァムピール 1巻

ヴァムピール 1巻





既刊5巻の「ヴァムピール」




現代が時代設定の
こちらがオリジナルで、
主人公・伶と不完全な同化をしてしまう
ヴァムピール、男爵がまだ肉体を
持っていた頃の
お話がこの

「特別編 KING AND BARON+」




1_201609061023027b8.jpg



近未来ネオ吸血鬼ストーリー『ヴァムピール』からのスピンオフ・ストーリー!
本編では肉体を持たぬヴァムピールとして暗躍する「男爵(バロン)」が、
まだヒトの体に宿っていた頃の物語。
舞台は19世紀末ヴィクトリア朝のロンドン、
絢爛と退廃、光と闇が同衾する街……。
「男爵」と奇妙な因縁で結ばれた巡査部長・マイアズ、
真正の吸血鬼・アシュレイ卿……
人外の者達が織りなす
”世紀末吸血鬼譚”!





2_20160906102304bca.jpg



時代設定が現代の本編から一変
伯爵奇譚は19世紀末ヴィクトリア王朝
イギリス、ロンドンを舞台に、と
かなり遡ります。

でもまあ

樹さんはきっと
こっちの舞台設定の方が
ハマるとイうか
見栄えがして非常に
見目麗しく煌びやかで
よろしいかと。




3_20160906102651c6c.jpg



そしてこちらには
伯爵だけでなく
彼にそっくりで若く天然wな弟
しかも生気ではなく血を吸う
ほんまモンの吸血鬼が
出てきます。

しかも

吸血鬼なのに血が嫌いとか
なにその設定(爆)
おもろすぎだろw




4_20160906102650991.jpg



そしてスピンオフなのだけど
完全に話も世界観も
独立していて

本家の「ヴァムピール」が
未読でもまったく
困ることはありません。
(逆もしかり)




8_20160906103543657.jpg



1話完結とはイかないけど
1冊の中に短編エピソードが
何篇か挿いっており、

それぞれ

スコットランドヤードの刑事、通称キングを中心に
毎回巻き込まれる事件が
すべて史実の猟奇殺人事件と
なってるのがまた
面白い。




9_20160906103811508.jpg



一番有名どころは
やはりEp1の
切り裂きジャックのお話あたり?
かと思うのですが、

ほんと樹さん

その発想はどこから・・・(笑)




そして




5_20160906103751c48.jpg



本作ヒロイン不在なので
自動的に吸血鬼のこの弟が
ヒロイン枠に収まる。

エッ!?





ヾ(T∇T)ノ彡☆




もういいよ樹さん
そろそろガッツリ本気の本物のホモマンガ
掻いてみよっか。
大丈夫怖くないよ(誘)













「ヴァムピール特別編 KING AND BARON+」は
基本それぞれ1冊の中で完結してるので、
完結なのかまだ続くのか
わからんちんですが

とりあえず今現在、
既刊2巻。

ポチっとな。



 



そしてこっちも面白いよん。

現代が舞台設定の
「ヴァムピール」
既刊5巻。


ポチっとな。

関連記事

少女マンガ樹なつみ

2 Comments

彩香  

わぁ~!
>KING AND BARON+
2巻出ていたんですね♪
早速読んでしまいました(^O^)/

大好きな吸血鬼やマモノ?ですから
1巻は迷いなっしんぐ~で
速攻読みました(爆)

>自動的に吸血鬼のこの弟が
>ヒロイン枠に収まる。
大賛成~ヾ(T∇T)ノ彡☆

本家の「ヴァムピール」は未読です(^^;)
でもいつか読もうと思っています♪

2016/09/07 (Wed) 02:26 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>彩香さん

現代版の本家も
大好きなのだけど
私は個人的にこっちの方が
イケメン率萌度共に割り増し(笑)で好きかなー

2016/09/07 (Wed) 22:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment