はきだめと鶴


キタハラリイさんの
ピン記事お初かと思いますが。






「はきだめと鶴」







表紙のインパクトは大だけど
これ表紙で大分損しているような?

ビッチなお話かと
思いきや

あーた(笑)

表紙とタイトルと
そしてあらすじで抱いたイメージとは
私的にはまったく違う内容で
いい意味で裏切られた
とーっても切ない
お話でした。




6_20161025113851754.jpg



綺麗だなんて 何も知らないくせに 馬鹿馬鹿しい――。

映画館でバイトとして働く、元AV男優の澄川螢、35歳、フリーター。
澄んだ川に蛍だなんてうすら寒い冗談の様な名前に、
“綺麗”なんて言葉とは相容れない
至極どうしようもなく堕ちた人生。




2_20161025113927073.jpg



毎週日曜日のレイトショー、螢の働く映画館にやって来ては
螢のことを「ほたるさん」と呼び
やたらと懐いてくる一回りも年下の男・岡崎準太に
“綺麗”だの“一目惚れ”だのと言われ
つい口を衝いて出た言葉……。

「僕ね、今の映画館でバイトする前はゲイビに出てたの。
バリネコでハードなやつ」





4_20161025114034a75.jpg



メインカプふたりの
恋ものがたりとイうよりは
元AV男優の受の
"ワケアリな過去"の方に
スポットをあててる
感じで、




7_20161025120208c90.jpg



こんなだろうな。と
予想していたよりも壮絶な過去と
それらの描写が
そこそこキツい感じでねー
読むひとによってはコレ、
地雷もあるかも
しれないけど




8_20161025114713adf.jpg



だからこそ

あのピュアなワンコ攻と出逢って
ずっと罪のように背負ってきた過去に折り合いをつけ
懐の深い彼の腕の中、
清算し昇華していく姿に
グっときました。

ハッピーエンド
ぶらぶらぼー




3_20161025114036584.jpg



そして

㋳の波柴さんが
またイイ味出してまして

これは

スピンオフ来るか?

と微かに
期待しつつw













「はきだめと鶴」は
単巻完結済です。

ポチっとな。








ちなみに本作、

電子版には
4頁の番外編SSが突きますので、
ポチって読むなら断然
電子推奨!

ですわよ~




\(^o^)/



関連記事

BLR18キタハラリイ

4 Comments

彩香  

前に紹介して頂いたときに読みました♪

螢さんの過去話に泣けちゃって(T_T)
ハッピーエンドで本当によかったと
心から思いました(:_;)

また山咲さんがいい人で泣けた~
(番外編で初めて名前知った(爆)

波柴さん
ゲスいと思いながら読んでいたら
↑のセリフで・・・いや~ん♪ww
>スピンオフ来るか?
来て来て~\(^o^)/

2016/10/26 (Wed) 01:42 | EDIT | REPLY |   

kaopetit  

>㋳の波柴さん

この終わらせ方は
ずっこい~w

2016/10/26 (Wed) 15:57 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>彩香さん

そうそう
思ったより過去話がヘヴィーで
ほんとラスト、ハッピーエンドで
よかったわぁ。

2016/10/30 (Sun) 22:55 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

>ぺっち

いっそこの引きで
スピンオフがなかったら
「上手いなこんちくしょう!」と
拍手喝采かも。 ←読みたいのか読みたくないのかドッチだw

(`∇´ )にょほほほ

2016/10/30 (Sun) 22:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment