Life 線上の僕ら







「Life 線上の僕ら」







前作があまりにツボったので
めちゃくちゃ楽しみにしていた、
常倉さんの新刊。

期待するなってほうが
無理な話で、
かなりハードル上げて
読んだ次第ですが

うう・・・

出だしと表紙から
抱いたイメージとはまったく
ほんとまったく違う
ベクトルに振り切った
良作だった~









下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で
偶然出会った生真面目な伊東と無邪気な西。
恋に落ち、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚えた伊東は
咄嗟に西へキスしてしまって……
高校生から大学生、そして大人へ―――
変わらない想いと、変わりゆく現実の狭間で
愛に翻弄された二人の男の
人生を描いた感動の
話題作。










「サメ♪サメ♪サメサメ♪サメにきをつけろっ♪」




って歌ったのは
私だけではあるまい。
フフフ。








まあ普通のラブコメ風なノリで
出逢って恋に落ちる17歳から
このものがたりは
はじまり、









まさかの
まさかですよ!?

あの冒頭のサメのノリ、スタートでw
生涯を終えるまでが
画かれている

もうもう








涙なくしては見られない
感動ものなのですよ。

こちとら

泣くと身構えて
読みはじめたワケでは
なかったので

次の日大変なことに~
@顔がw









同じように出逢いから
人生を終えるまでを掻いた作品では
真里茂さんの「ニューヨークニューヨーク」とか
真っ先に思い出しますけれど、
あの作品のように何か
大それた事件が
あるとかではなく、









酸いも甘いも
長い人生、色々あるよね。

ってな感じで、

ただ淡々と
ふたりの男たちの時間が
流れてイくのが
逆にクるとイうか・・・









これから読まれる方に
変な先入観を植え付けたくなかったので
「泣ける」なんてチープな表現
出来れば使いたくなかったンだけどねー
これ以上にドンピシャな表現
思いつかなかったわ。
ボキャ貧勘弁(苦笑)









ああ泣けるよ。
泣けるとも(@開き直り)

泣いても桶な日に
是非どうじょ。





「Life 線上の僕ら」は
単巻完結済です。


ポチっとな。









関連記事

BLR18常倉三矢

4 Comments

kaopetit  

>あの冒頭のサメのノリ、スタートでw
>生涯を終えるまでが
>画かれている

(゚∇゚ ;)エッ!?
試し読みでいつか読もうと思ってたら
そんな展開?

それはお休み前の日に読まねば!

2017/04/18 (Tue) 19:02 | EDIT | REPLY |   

彩香  

>って歌ったのは
>私だけではあるまい。
歌った!歌った!!(爆)

サンプル読んで
全部読んだと思い込んでいました(^^;)

あそこからこんな展開になるなんて~(ノД`)・゜・。

>ただ淡々と
>ふたりの男たちの時間が
>流れてイくのが
これが却ってジワジワくる(T_T)
今の自分の年だから
余計に分かるってこともあるかな~

最初には想像できなかったwとってもいい作品でした♪

2017/04/19 (Wed) 02:25 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

To 彩香さん

>今の自分の年だから

どの段階が~!? ←そこに食いつくw

ヾ(T∇T)ノ彡☆

2017/04/20 (Thu) 13:53 | EDIT | REPLY |   

◆館長@miuchinyu  

To kaopetitさん

ごめんごめん!
レス飛んでたの今気づいた(笑)

今年ランキング挿りは堅いと思われ。
是非読んでみてね~

2017/04/25 (Tue) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment